勇気を出して自分のご褒美を買いました

パートで働いていますが、家計に余裕がないので、自分の物を買う事がほとんどありません。

でも、ある日ショッピングモールに行った時に偶然通りかかった宝石店で自分の目に飛び込んで来た指輪がありました。

値段を見ると、そんなに高くはありませんが生活に余裕がない身の我が家では、指輪は値段に関係なく高級品です。

そのため、一緒にいた夫にあの指輪が買いたいという言葉言う勇気がありませんでした。

しかし、家に帰ってもその指輪が欲しいという思いは消えませんでした。

それから、自分の中でその指輪が欲しいという思いを消そうとしましたが、どうしても欲しいという思いが消せませんでした。

夫は、無駄な買い物に厳しい人なので、指輪が欲しいという一言を言う勇気が出ませんでした。

1週間経っても、指輪が欲しいという気持ちが変わらずついに夫に切り出してみました。

夫に、この前ショッピングモールに行った時に、どうしても欲しい指輪があったので、自分のパートで働いたお金で買っていいかを聞いてみました。

反対されると思い、その時にはどう説得しようかと頭の中で考えていると意外にも夫が、自分で買うのなら好きにすればという、予想外の答えでした。

私は、今まで悩んでいたのが、何だったと思いましたがとても嬉しかったです。

パート代と、独身時代に買ったブランド物のサングラスを買取(サングラス買取)してもらったお金で購入することに決めました。

数日後の休日に、気に入った指輪のあった宝石店に行き、指輪を購入しました。

物を買う時にこんなに勇気が、必要だったのは始めてでした。

もちろん、家のみんなで使うものなら、高い物でもそんなに悩みませんが、自分の物となるといくらパートをしていてもなかなか買う勇気が出ませんでした。

しかし、今回はどうしても欲しかったので、指輪を購入出来て本当にうれしいです。

快く許してくれた夫にも、感謝したいと思っています。

指輪を買った事で、これからも頑張って働くぞという意欲が出て来ました。

たまには、こういう自分へのご褒美も必要なのかもしれないと思った瞬間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>